有名なブランド HiKOKI(日立工機) ブラシレスモーター ビット別売り 集じんタイプ DH18DBDL(2LXPK) コードレスロータリハンマドリル 18V/5.0Ah-振動ドリル







高耐久&長寿命&メンテナンスフリー

●過酷な環境によるアマチュアの断線・レアショート・コンミ摩耗等のトラブルを一掃することで、 製品ライフサイクルの大幅向上を実現しました。 また、カーボンブラシの交換も不要です。

トップクラス※1の穿孔速度とハツリ能力

●効率の良いブラシレスモーターと打撃諸元の最適化で、 トップクラスの穿孔速度(穿孔速度※2:約40%アップ)と ハツリ能力(ハツリ量※3:約4.6kg/5分)を実現しました。
※1:2016年8月現在。国内電動工具メーカーにおいて。 (メーカー調べ)(18Vクラスコードレスロータリハンマドリル)
※2:DH18DBDL(集じんシステム非装着時)と当社従来品DH18DSLとの比較。(条件により異なります)
※3:DH18DBDL(集じんシステム非装着時)。コンクリートの硬さ等、作業条件により異なります。

集じんシステム:高性能HEPAフィルタ

●高性能HEPAフィルタを使用することで、 クリーンな排気を実現しました。

集じんシステム:ブラシタイプのシーリングキャップ採用

集じんシステム:穴あけ深さ調節機能付

●ワンプッシュで最大85mmまで 穴あけ深さが調節できます。

使用可能なドリルビット

●錐径:4.3~20mm
●有効長:50~100mm

集じんシステム:着脱式ダストボックス

●溜まった粉じんを簡単に捨てることができます。

集じんシステム:遅延ストップ機能

●本体のスイッチを切った数秒後に、集じんシステムに内蔵されたモーターが遅れて停止し 集じんシステム内に残った粉じんを効率良く集じんします。

集じんシステム:集じんシステム兼用可能

●集じんシステムはDH18DBL、DH36DBLに取付可能です。

操作性に配慮したハンドル形状

●ハンドル握り部分と打撃部分が同一軸芯なので、穴あけ等の際に、力がかけやすく、作業しやすい。
●ハンドル握り部分に重心が近いため、工具本体の取り回しが良い。

リアクティブフォースコントロール機能付(RFC)

先端に急激な負荷がかかるとスリップクラッチが作動するか、もしくは、工具本体に内蔵されたコントローラーがモーターを停止させ、工具本体が振られてしまう現象を軽減します。

  • ※ご注意:作業状況・条件等により作動しない、あるいは性能を十分に発揮できない場合があります。 作業時は材料の設置・固定および工具本体を確実に保持し、十分注意してください。

便利な収納ケース

集じんシステムを取付けた状態で収納可能。(サイドハンドルは外してください)

電池2年保証

●お買い上げ日から2年間または充電回数1,500回以内の電池を保証します。(ただし、いずれか先に到達するまでの期間)
※取扱説明書に従った正常なご使用状態で故障した場合に、保証書記載内容に基づき保証いたします。 詳しくは、保証書をご確認ください。
※2年保証は、BSL1460、BSL1860、BSL36A18、BSL3660のみ対象です。

製品仕様
コードレスロータリハンマドリル(集じんタイプ) DH18DBDL
形名 リチウムイオン電池 急速充電器
(UC18YDL)
ケース
DH18DBDL (2LXPK) マルチボルト(BSL36A18)×2個
(2LYPK) 6.0Ah(BSL1860)×2個
仕様(スペック)※標準セット代表仕様になります
能力 コンクリート 20mm(集じんシステム非装着時:26mm)
木工 27mm(集じんシステム非装着時)
無負荷回転数 0~1,050min-1(回/分)
全負荷打撃数 0~3,950min-1(打撃/分)
機体寸法(全長×高さ×幅) 493×314×90mm
質量(蓄電池装着時) 5.5kg
振動3軸合成値※ 回転+打撃 17.5m/s2
打撃 8.6m/s2(集じんシステム非装着時)
蓄電池 マルチボルト 形名 BSL36A18
電圧 36V-2.5Ah / 18V-5.0Ah
充電時間 約25分(UC18YDL使用時)
6.0Ah 形名 BSL1860
電圧 18V
充電時間 約30分(UC18YDL使用時)
充電器 形名 UC18YDL(冷却機能付)
標準付属品 急速充電器(冷却機能付)・ケース・サイドハンドル・デプスゲージ・予備電池・電池カバー

※EN60745-2-6規格に基づき測定しています。

有名なブランド HiKOKI(日立工機) ブラシレスモーター ビット別売り 集じんタイプ DH18DBDL(2LXPK) コードレスロータリハンマドリル 18V/5.0Ah-振動ドリル

大型トラック・バス関連情報

メインコンテンツに戻る